【WOOLRICH】ウールリッチ2018おすすめレディースダウンコート♪おしゃれで暖かいワンランク上のダウンをお探しの方にラグジュアリーロングパーカ・ボウブリッジ・コクーンコートを比較!

ファッション

今年こそ新しいダウンが欲しい!

去年も一昨年もなかなか気に入ったダウンコートを絞れず、見つけたと思ったら在庫切れで購入出来ず。。

2017年は夏から【WOOLRICH】に絞り、気になるダウンコートの入荷情報をあらかじめお店に確認して全て試着しました!

 

色々と試着を重ねた結果、、

ウールリッチのユナイテッドアローズ別注モデルのコクーンコートを買いました♪

 

寒い冬を乗り切るおしゃれで本当に暖かいダウンコート!

今日はそんなウールリッチのダウンを二ヶ月着用した感想や私が悩んだウールリッチのレディースダウンコート別モデル2つとの比較をご紹介したいと思います。

 

ダウンコートを扱う有名ブランド

まず私が候補に上げたダウンで有名な他のブランドを紹介します。

  • Moncler (モンクレール)
  • DUVETICA (デュベティカ)
  • CANADA GOOSE (カナダグース)
  • TATRAS (タトラス)
  • HERNO (ヘルノ)
  • PYRENEX (ピレネックス)
  • 西川ダウン (東京西川×nano・universe)
  • 水沢ダウン (デサント)

本格派・実力派と有名どころがズラッと並びましたが、とにかく防寒性バッチリで気に入ったデザインのダウンが欲しいという想いからひと通りのブランドは試着しました。

 

王道モンクレールは高級ダウンの代表格というだけあって着心地・防寒性・デザインも◎でした!私はFLAMMETTE(フラメッテ)が気に入り悩みましたが、有名すぎるが故に偽物が多く出回っていること、一目でモンクレール着てます!とわかってしまうのが嫌で候補から外しました。デュベティカ、カナダグースに関してもほぼ同じような理由で候補落ち。

タトラス、ヘルノは女性らしい細身のラインのダウンコートが多いイメージですよね。軽くて防寒性も○だったのですが、私はコレ!というものに出会えませんでした。

 

上記にあげた中でも最後まで悩んだのは西川ダウン。寝具で有名な東京西川とナノユニバースがコラボした毎年人気の売り切れ必須ダウンです!こちらのダウンはなんと言っても価格が安く、ナノユニバースが出していることもあってトレンド満載のおしゃれなデザインが魅力です。子供の送り迎えや公園に行くときなんかにぴったりのダウンです!

 

 

【WOOLRICH】ウールリッチ

180年を超える歴史を持つアメリカのアウトドアブランド。

ウールリッチと言えばアークティックパーカ!男性で愛用されている方も多いと思います。

イタリア名門サッカーチームA.C.ミランのベンチウォーマーに採用されたことから爆発的なヒット商品となったアーティックパーカですが、誕生以来30以上経った今もウールリッチのアイコンとして多くのファンを魅了しています。

そんなウールリッチの中から今回私が悩んだ3点【LUXURY LONG PARKA】・【BOW BRIDGE】・【COCOON COAT】について詳細をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

LUXURY LONG PARKA(ラグジュアリーロングパーカ)

ウールリッチの代名詞とも言える『アークティックパーカ』を女性らしいシルエット&ディテールにアレンジしたラグジュアリーモデル。

その中でも私はSTORY10月号にも掲載された【三越伊勢丹別注モデル】を検討し試着しました。
丈は待望のロングタイプで、伊勢丹別注モデルはファーが黒のフォックスファーになっています。

素材

表地:ポリエステル92%・ナイロン8%
裏地:ポリエステル100%
中綿:ダウン65%・フェザー35%
リブ:ポリエステル96%・ポリウレタン4%
ファー:フォックス

価格

140,400円(税込)

カラー

  • ブラック
  • ミッドナイトブルー
  • ホワイトイグロ

サイズ

XXS:肩幅39cm・着丈:90cm・袖丈60cm・バスト88cm
XS:肩幅40cm・着丈:92cm・袖丈62cm・バスト92cm
S:肩幅41cm・着丈:94cm・袖丈62cm・バスト96cm
M:肩幅42cm・着丈:95.5cm・袖丈63cm・バスト100cm

表側にダウンステッチを出さず、すっきりとした印象に仕上げています。
ウエストをさりげなくシェイプして、ラインを綺麗に見せているのが特徴。
フード廻りを飾るファーはファスナーで取り外しが可能です。
上品で程よい光沢感があり、軽くやわらかく艶のあるマイクロポリエステル素材を使用している為、撥水性があり機能面も◎です。

実際、試着した際一番暖かいと感じたのはこちらのダウンでした。
おしりまですっぽりと隠れる丈、ボリュームのあるファーが他2点と特に違う点でした。

 

スポンサーリンク

 

BOW BRIDGE(ボウブリッジ)

2016年に発売されたボウブリッジは店員さんいわく昨シーズン(2016秋~2017冬)一番売れたモデルだそうです。実際にウールリッチのダウンコートを取り扱っているお店を何店舗か周りましたが、ボウブリッジに関してはどこのお店も早くから置いていました。

素材

表地:綿60%・ナイロン40%
裏地:ポリエステル100%
裏地(別布):ナイロン100%
中綿:ダウン85%・フェザー15%(カラーホワイトのみダウン90%・フェザー10%)
リブ:アクリル90%・ポリエステル5%・ポリウレタン5%
ファー:ラビット

価格

126,360円(税込)

カラー

  • ブラック
  • ダークグリーン
  • ダークネイビー
  • ホワイトイグロ

サイズ

XS:肩幅40cm・着丈:82cm・袖丈60cm・身幅48cm
S:肩幅40cm・着丈:87cm・袖丈62cm・身幅50cm
M:肩幅41cm・着丈:89cm・袖丈64cm・身幅53cm

デザイン性と実用性を兼ね備えたベストセラーモデルのBOW BRIDGE。
取り外し可能なフードとファーをアレンジして3WAYで楽しめる一枚。
丸みのある裾のライン可愛く、裾の両端は絞れるためシルエットに変化をつけることができます。

 

スポンサーリンク

 

COCOON COAT(コクーンコート)

包み込むようなコクーンシルエットに、前を開けるとファーが覗く女性らしいデザインが特徴のダウンコート。

こちらの前開き内側のファーはコートの色がブラックだと通常ブラウンがかった羊ですが私はファー部分も黒がよかったのでユナイテッドアローズ別注モデルを検討しました。別注モデルはファー部分がレッキスラビットファーの黒に変更となっています。

素材

表地:綿100%
裏地:ナイロン100%
中綿:ダウン85%・フェザー15%
リブ:綿100%
ファー:羊(別注:レッキスラビットファー)

価格

126,360円(税込)

カラー

  • ブラック
  • ミリタリーオリーブ

サイズ

XS:肩幅39cm・着丈:92cm・袖丈62.5cm・身幅49cm
S:肩幅41.5cm・着丈:94.5cm・袖丈64.5cm・身幅51.5cm

ファーのライナーは取り外し可能で、フードはついていないカジュアルになり過ぎないデザインです。重さも上記に上げた3点の中で一番軽いです。
丈はラグジュアリーロングパーカよりは短くボウブリッジよりは長く、パンツスタイルにもスカートにも合わせやすい着丈だと思いました。
フードの必要ない方、綺麗目にダウンを着こなしたい方にはこちらが一番だと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

私は悩みに悩んだ末、ウールリッチのユナイテッドアローズ別注モデルのコクーンコートを買ったわけですが、他のコートも本当に可愛くてなかなか決まりませんでした。

最後まで悩んだボウブリッジに関してはフード廻りのラビットファーとシルエットが他にはないデザインで本当に可愛いんですよね。首元までボタンを閉めたスタイルが可愛くて本当に悩みましたが、最終的に決め手となったのは帽子好きな私は結局フードは被らないだろうということ。ファンデーションがつくのが嫌で上まで閉めることはないだろうということでした^^

最後に私が購入した【WOOL RICH】COCOON COAT〜UNITED ARROWS別注〜実物の画像がこちら↓↓

 

いかがでしたか?高級ダウンブランドは色々なブランドから別注モデルが出ています。同じ値段でファーや生地がランクアップしているものもあるので、欲しいダウンコートが決まったら他に別注モデルが出ていないか調べてから購入されることをおすすめします♪10万円を超えるダウンコートを買うとなるとデザイン性、実用性と色々悩みますよね。参考になれば幸いです.+°

 

コメント